10年間乗っていたこと、普通乗用車ということ、車体が緑色に塗装していたので、厳しい診断結果だったんです。

大事に乗ってきた車なので少しは足しになるかと思い依頼したのようなんですが、当時売却額は買値を叩かれ相当頭にきていました。

私は車を手放す事になりました。

今の車へは大変愛着があったんです。

メーカーさんに手続きを頼んでいて、同時に下取りの見積りもお任せしています。

下取り価格には、多いに越したことはなかったんですが、想定の範囲内の見積りでした。

一応帰りに車買い取りの買取見積もりを依頼しました。

1番に来た会社は内情を見せてくれました。

「今当社に任せてもらえれば3万円の余裕を持たせます」だそうですが、即決に応じなかったことには、他の意見も聞いてみる気になったからです。

その後来た会社にそう話すと「即決価格はうちにも設けてあります」こう来ました。

先日まではアンティークな車でしたが、燃費が悪くガソリン代ばかりかさみ、妻は運転に馴れず、車の維持が難しくて、今時の車に変えよう。

子供の保育園への送迎私の駅までの送迎と、無理強して事故でもさたら今の車に未練はないものの価格のいい内に、買い取ってもらい、その車を手に入れました。

個々で理由は様々ですが、具体的に車を処分するというのは、現実的によくあることです。

また用心しなければならないのは、もしあなたが転売希望した時、あなたの愛車の売却額で損を強要されてしまうみたいなことせす。

大半がよく耳にする事ですが、次に購入する車のカーディーラーで、ディーラーだけに車を査定してもらうことです。

以前自分が購入したお店でだからと言ってとかは問題ではないのです。

気を付けたい事は、一軒のショップだけでは不十分、販売店側の気分で車を手放すことになることが要注意なのだと言いたいのです。

処分する身からすると大変なミスになってしまいます。

相談を受けたので、一応その車の情報で、ネットの無料診断を相談したところ、最低でも3万円との返答でしたが、今となってはしょうがない売ってしまった後では何ともできませんでした。

どこでも同じと言っていた知人も、想像以上の高額査定に驚いていました。