貯蓄が必要だと思うキッカケ

看護師のお金事情については、貯蓄についての意識が高い人もいますが、意識も知識も低い人が少なくありません。独身の看護師であれば、仲間と一緒にお金を使う機会が多くなります。お金に余裕がある者同士が集まれば、食事にしろ旅行にしろ多めにお金を使いがちです。看護師は病院やクリニックなど、限られたコミュニティの中で仕事をします。それ故、他業種と関わる機会に乏しくなり、お金に関する知識や情報も入りにくい傾向があります。それが、お金に対する価値観を緩くします。

貯蓄が苦手な看護師は少なくありませんが、貯金の大切さに気がつくキッカケは何回かあります。その一つが同僚の結婚や出産で、自分にも準備が必要だと思わされます。そして、しばらくは節約に励むようになります。但し、それだけでは貯蓄のモチベーションとして弱く、時間が経つにつれ疎かになりがちです。もう一つのキッカケとなるのが、病気や怪我で休業状態になることです。自分に予測できないことが起きることで、先々に対し深刻に考え、対策しはじめるでしょう。

お金が貯まりやすい看護師の特徴は、自分の収入を正しく把握していることです。税金を含めて収入の全体像が分かっていれば、使えるお金の範囲が明確になるからです。また、職場の福利厚生を活用することで、お金が貯まりやすくなります。病院によっては年金や積立など、金融機関と提携した仕組みを設けている場合があります。そうした福利厚生を活用すれば、効率的に貯蓄を増やしていけます。<看護師の貯蓄について詳しく知りたい方は⇒こちらのサイト